うつ病改善ブログ

褒め言葉は光輝く

更新日:

うつ病心理カウンセラー
小蔦美奈子(こつたみなこ)です。




先日、ウォーキングをしている時のことです。


橋のたもとで、
2人の女性が立ち話をしている声が
聴こえてきました。



「あなた何言ってんの?
それで太っているなんてよく言えるわね、
それで太っているなんて言えないわよ」


「私より痩せているじゃない、
そんなこと言っていたら私はどうなるの?」




すれ違いざまに少しだけ聴こえてきたのですが、


犬を散歩している女性が最近太ってしまったことを
友人に打ち明けていることがわかりました。



友人の話を聴いていた女性が、
その女性の悩みを打ち明けられて、
自分の悩みを話し始めてしまっていたのです。




うつ病やうつ病の傾向があるあなたは、
相手と比べて



自分の方が劣っている

自分の方が悩んでいる

自分も同じ悩みがある

などと、
相手の悩みを聞いていたはずが、
自分の悩み事を考えていることはないでしょうか?



心理学ではそのことを
『同調』と言います。



相手の話に同調し過ぎてしまうと
相手の話が聞こえなくなり
自分の悩み事を考えているので
周りが見えなくなってしまうのです。




それでは友人の悩み事を
聞いていたはずなのに、
自分の話と差し替えてしまうと
友人が遠ざかってしまうのです。


私の話をちっとも聴いてくれないと…




そのままだと、
友人の話を聞けない自分に情けなくなり、
自分の悩みも思い出すことで
自己肯定感も下がっていくのです。




それではどうしたらいいのでしょうか?

相手の立場になって、
考えてみることが大切なのです。



そしてもう1つ、
相手の話を最後まで
聴いてあげる事が大切なのです。




相手の話を聞いているうちに
相手の表情がだんだんと和らいでくることを
感じるはずです。




なぜなら、
悩み事をあなたに話しているうちに
気持ちを受け止めてくれていることに
安心感を持つことができるのです。





そしてその次に、
相手を褒める言葉を
探してみましょう。




先ほどの犬の散歩をしている女性のことを
考えてみましょう。




毎日決まった時間に
犬の散歩をしている

立ち話をしているのに
犬もおとなしく待っていられる

太ってしまったという
悩みを打ち明けてくれた



その人が友人であれば、
良いところが必ず見つかるはずです。



無理強いは決してしてはいけません。


なぜならその友人の悩みは
最近太ってしまったという事実なのですから、
まずはその友人の悩みを受け止める必要があるのです。




この世の中は、
与えたものが与えられるのです。



悩みを聞いて欲しい時は
まずは相手の悩みを聴いてあげましょう


相手の褒める場所を見つけられない時は
まずは自分の褒める場所を見つけましょう

人は褒めれば褒めるほどに
自信を増し、
想像以上の力を発揮する事ができるのです。



相手の良いところがわからないのは、
自分の良いところがわからないからなのです。





そして自分が褒められた時には
「ありがとうございます」
と素直に笑顔で答えましょうね。



褒め言葉は相手に光を注ぐ事ができます。





褒め言葉は太陽のようなものです。



褒め続けられて育った子供は
自己肯定感があります。


怒られて育った子供は
自己肯定感が下がり、
自信を失います。






褒め言葉は、
人が育つための
大切なエッセンスなのですよ。




褒め言葉は自分育てです。




ですのでまずは自分自身を
褒めることをしましょうね。

あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.