うつ病改善ブログ

正直者はストレスが少ない

投稿日:

うつ病心理カウンセラー
小蔦美奈子(こつたみなこ)です。




うつ病やうつ病の傾向があるあなたのところは
梅雨入りしたでしょうか?





私のところはまだ梅雨入りはしてないのですが
昨日は雨がふりしきり、
じっとりとした汗がまとわりついて
蒸し暑く感じました。






湿度が高くなるこの時期は
気温がだんだんと高くなる時もあります。




そんな時に気をつけて欲しいのが熱中症。




汗がこもりがちになる梅雨時は
日差しがなくても熱中症にかかりやすくなりますので
こまめな水分補給を忘れずにしてくださいね。



今朝は昨日の蒸し暑さとは一転
肌寒くて目が覚めてしまいました。





ベランダの紫陽花が曇り空の下、
風に揺られて
寒さに震えているようです。

そして今日は仕事がお休みの日。


いつもなら
ウォーキング時間を決めているのですが
身体と心が納得するまで歩くとしたら
どのくらいの時間がいるのかな?

という思いつきで歩くことにしました。



うつ病やうつ病の傾向があるあなたは、
私がどのくらい歩いたと思いますか?





自宅を出てから帰ってくるまで
一度も時計を見ることもせずに
身体と心が納得する時間は…


約50分でした。



ほんとうに身体と心は正直なんだなぁと
つくづく思いました。




なぜなら、
有酸素運動をしてから40分から50分ほどで
幸せホルモンの「セロトニン」が作られるからなのです。



セロトニンは、
有酸素運動をしてから20分で作られる
やる気ホルモンのドーパミンと、

30分ほどで作られる快楽ホルモンのβエンドルフィンの
バランスを上手く保ってくれるからなのです。




そして日頃から意識していない
思考の水面下でおこっているいらない考え事が
リセットされて清々しくなれるのですから…




うつ病やうつ病の傾向があるあなたは、
不安で仕方がない時がありますか?


そんな時は歩くことをお勧めします。



できれば自然の中に溶け込めるような環境がいいですね。





近くの公園や川沿い、
気がつけばあちらこちらにあるのではないのでしょうか?




俯いてばかりでは、
歩くことはできませんよね。




そう、前を向かなければ歩けないように、
気持ちも少しずつ前向きになるはずです。




歩いているうちに、
身体中に新鮮な酸素と栄養が行き渡り、
頭もスッキリとすることでしょう。



新陳代謝も活性化されて、
自然と体重が落ちていきますよ。




歩くことのデメリットがあるとすれば
それはただ1つだけです。


それは…
靴底が少しずつ減るということ。




靴底が減るたびに、
身体と心が正直に答えてくれます。



ストレスのない、
気持ちのいい私、

ありがとう!

あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.