うつ病改善ブログ

自由を奪うもの

投稿日:

うつ病心理カウンセラー
小蔦美奈子(こつたみなこ)です。





うつ病やうつ病の傾向があるあなたは、
猫は好きでしょうか?



我が家には、
二匹の愛猫がいます。


朝ごはんを食べ、
おやつをもらい、
ひとしきり遊んで、
スヤスヤと好きなところで寝ています。

あなたは、
猫は自由でいいなと思ったことはあるでしょうか?




私もありました。



私の一人息子も
「猫は一日中だらだらとして、
好きなように生きられるからいいよね」

と言っていたのです。





本当にそうでしょうか?




我が家の猫は、
ペットショップで買ってきた猫です。



息子と私で飼うことを決めた猫です。



猫には、
飼い主を選べる権利はないのです。





猫を飼うときに
飼い方や、しつけ、ストレスのない
環境など様々なことを学びます。




そして初めて、
我が家の家族の一員になったのです。




今のところ病気もなく、
毎日を元気に過ごしているので
猫たちにとっては快適な場所だとは思います。





けれどもし、
餌を満足にあげなかったら、
トイレの掃除をしてなかったら、
一日中ゲージの中に入れられていたら、
いつもいたずらされて、寝ることも許されなかったら

その猫はどうなるでしょうか?





ストレスを抱え、
病気になる可能性が高いですよね。



飼い猫は自由なようで、
自由ではないのです。



全て飼い主が
餌の時間、
おやつの量、
予防接種の有無、
一緒に遊ぶ時間、
多頭飼いにするのかなど
決められてしまっているのです。


ここで質問があります。



うつ病やうつ病の傾向があるあなたは、
自由な生き方をしているでしょうか?



自分で決めた、
自由な生き方をしていれば
幸せなはずです。


けれどももし
そうでなければ、
あなたの自由を奪っているものがあるのです。



それは、
あなたの「観念」が
あなたの自由を奪っているのですよ。




人生は「観念の法則」で
成り立っているのです。



観念=人生と言っても
過言ではありません。



観念とは、
客観的な価値観、マイルール、
レッテル貼り、思い込みなどと言います。



「観念の法則」とは、



観念→感情→思考→言葉→行動→結果→観念の強化となるのです





あなたの自由を奪うもの
それは、




大人はしっかりしないといけない


甘えてはいけない


感情を表に表してはいけない


年上を立てなければならない


何歳までに結婚しなければいけない


子供のためには自分を犠牲にしなければいけない


毎日手作りで料理をしなけらばならない


仕事を休んではならない

観念は、概念とは全く異なります。


概念とは、
社会的ルール、法律、
国ごとによるマナーなどがあります。



日本では、街にゴミを捨てても
罪にはなりませんが、
ポーランドでは、
罰金があるのです。



納税の義務は概念ですね。



それでは、
うつ病やうつ病の傾向があるあなたに質問です。



一日3食食べなければいけないのは
観念でしょうか?
概念でしょうか?



色々な意見が出てきそうですが…



4食がいいに決まっている

健康には2食がいいそう

3食食べるのは当然

1食で十分身体に良い

おやつは食べてはいけない

何時までに食べるのがいい

観念でも、
あなたが気がつかないうちに
しなければいけないと思っていることが
概念だと思っていることもあるのです。




つまり、
それがあなたの『固定観念』なのです。




観念はあればあるほど苦しくなります。


人生の重い荷物になってしまうのです。

私はシングルマザーですが、

シングルマザーでいることは
決して不幸だとは思っていません。



シングルマザーだからこそ、

息子の教育方針を自分で決めることができます


シングルマザーだからこそ、

息子と助け合うことで絆を深められます


シングルマザーだからこそ、

1人で気兼ねなく、
好きなところに出かけることができます



言い換えると、
良い観念には良い結果が、
悪い観念には悪い結果になるのです。




例えてみましょう。

私はシングルマザーだから1人で気兼ねなく
出かけられるという観念があります。

これを観念の法則に当てはめてみると




1人で出かけるのは楽しい(感情)

1人で好きなところへいける(思考)

出先で色々な人と会って話ができる(言葉)

自分の時間で予定を立てられる(行動)

やっぱり1人で出かけるのは楽しい(結果)

これがもし、
ネガティブな観念だとしたらどうでしょう?

1人で出かけるのは寂しい(感情)

お一人様だと思われると惨め(思考)

家族連れの人たちが楽しそうで羨ましい(心の言葉)
(私なんてシングルマザーだから仕方がない)

1人で出かけることをやめる(行動)
(1人では出かけられなくなる)

シングルマザーは孤独で寂しい(結果)

このネガティブな観念は、
主人が亡くなって数年は持っていた、
紛れもない私の「固定観念」だったのです。






そう、私の主人は、
一人息子が5歳のときに
天国へ旅立ってしまったのです。






けれども今は立ち直り、
生きる楽しさを知り、
今年19歳を迎える息子と
二人三脚で楽しく暮らしています。

あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.