うつ病改善ブログ

優しさと甘えの違い

投稿日:

うつ病心理カウンセラー
小蔦美奈子(こつたみなこ)です。




うつ病やうつ病の傾向があるあなたは、
チョコレートは好きでしょうか?



チョコレートは甘くて美味しいですよね。


私は最近ホワイトチョコレートにはまっていて、
朝のウォーキング前のブラックコーヒーと
一緒に食べるホワイトチョコの美味しさは格別で、
思わず笑みがこぼれるほどなのです。

うつ病やうつ病の傾向があるあなたは、
「優しさ」と「甘え」の違いがわかるでしょうか?




例えてみましょう。



ある昼下がり、
子供が初めてクッキーを作りたいと
お母さんにお願いをして
親子でクッキーを作ったときのこと…





その子供は、
砂糖と塩を間違えて作ってしまいました。



どうやら子供が砂糖と塩を間違えて
混ぜてしまったようです。



その時のお母さんは、
「砂糖と塩を間違えるなんて、
なんておっちょこちょいなの。
お菓子作りはあなたに向いていないかもね」
などとからかってお菓子作りをやめてしまいました。



そのあと、お母さんは
買い置きしていた市販のクッキーを
差し出して2人で食べることにしました。


このあと子供はまた、
クッキーを作ることをしようとするでしょうか?


どうせまた失敗するのだから、
もうクッキー作りはやめようと思うでしょう。





これは、互いの「甘え」なのです。





砂糖と塩を間違えたことは
仕方がないのですが、
作ることを諦めさせた親の甘えもあるのです。





また一から作りなおすよりは、
市販のクッキーを食べたほうが楽だからです。





子供は初めてのお菓子作りに失敗したことで
傷ついていることでしょう。




そんなときに母親からけなされては、
もうやる気も起こりませんよね。





自分から作りたいと言っていたのに、
初めてのお菓子作りが失敗したために、
作らなくなるのも諦めからの子供の「甘え」なのです。





けれどもまた、今度は失敗しないように
砂糖をあらかじめ用意しておけばいいと
子供が気づくこともあるかもしれません。



それこそが失敗したままに終わらせないという
自分への「優しさ」なのです。





失敗してしまった子供の母親も、
諦めることは簡単なのだから
また一から作ればきっとうまくできるから、
とまた一緒に作ることが本当の「優しさ」なのです。

初めてのことに挑戦することは
とても素晴らしいことです。



そこで失敗したときに、
すぐ諦めてしまうのが「甘え」なのです。


そして、
諦めずにまた、できる方法を探して
再び挑戦するのが「優しさ」なのですよ。





私は毎朝、ブラックコーヒーと一緒に、
ホワイトチョコを食べるのが大好きです。



けれどもそれは、
単なる「甘え」ではなく、
そのあとのウォーキングへ出発するための
身体への「優しさ」なのですよ。

あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.