うつ病改善ブログ

一日5分でもいいのです

投稿日:

うつ病心理カウンセラー
小蔦美奈子(こつたみなこ)です。





私は今週、原因不明の高熱にうなされ
今朝ようやくいつも通り動くことができ
日常のありがたさをひしひしと
感じずにはいられませんでした。




外はあいにくの雨、
ウォーキングへ行くのには
もう少し体力が必要でしたので、
ふと思いついたラジオ体操を
することにしました。

今年19歳になる1人息子を呼び、
youtubeで流れる
ガチャピンとムックのラジオ体操第一
を観ながら、
楽しく運動することができました。





うつ病やうつ病の傾向があるあなたは、
1日何分自分のために時間を使っていますか?





少し、質問の仕方がおかしいでしょうか。




1日は誰でも24時間自分のものなのに
自分のためと言われても
ピンとこないかもしれませんよね。





自分の時間、

それは、「何もしない時間」のことです。



人は朝目覚めてから一日中
夜眠るまでの時間の間、
時間に追われている感覚が
あるのではないのでしょうか?


・起きる時間
・食べる時間
・電車に乗る時間
・出勤の時間
・昼休みの時間
・メールチェックの時間
・スーパーへの買い物の時間
・趣味の時間

それは全て自分で決めたことなのに、
いつの間にか
振り回されていることに
気がついて欲しいのです。



人は、時間に追われている時には
気持ちに余裕がなくなります。

それで、いつもの冷静さを失い
ミスをしてしまうのです。


それはなぜなのか
わかるでしょうか?



それは、
〇〇しなくてはいけない。

と思っているからなのです。


〇〇しなくてはいけないと思うと
義務になってしまい、
できなかった時に
自分責めを始めてしまうのです。




・これくらいもできないの
・いつもできているのに
・なんかだめ人間になってきた
・何してもつまらない…

と、好きだった趣味までも
投げやりになってしまうのです。



それではどうしたらいいのでしょうか?




それは、
〇〇しよう』と言うだけです。




・朝だわ、さあ起きよう
・朝ごはん食べよう
・電車は何時に乗ろう
・昼ご飯は何時からにしよう
・メールチェックは何時からしよう
・帰りの買い物はあそこへ行こう
・趣味はこれをしよう

どうでしょうか?
一度、言葉にして言ってみると
とても効果があるのがお分かりになるかと思います。




自然と、心に余裕ができてくるのです。





私は、いつものウォーキングが
できない自分を責めても
何も始まらないことを知っていたので、



「今日のウォーキングはお休みにしよう」
と思ったのです。




すると、気持ちに余裕ができ、
その気持ちに委ねていたら
「そうだ、久しぶりにラジオ体操でもしようかな。
最近の息子も体がなまっていることだし、
誘って一緒にしよう!」



そして、1日にうちに、最低5分は
目を閉じて
何もしない時間を作ってあげてくださいね。





心のリセットをするのです。




その時に、
「あなたはこれから何をしたいのですか?」



と一度だけ問いかけながら、
横になり、仰向けで
リラックスするのもいいでしょう。






人生はシンプルです。
言葉かけ1つで
変わっていくこともあるのです。




自分の時間の使い方1つで
人生が変わっていくこともあるのです。



うつ病やうつ病の傾向があるあなたにも
身体の不調があるかもしれませんね。







それは、あなたへの
変わりなさいと伝えている
サインかもしれないのですよ。

あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.