うつ病改善ブログ

「きく」ことの大切さ

投稿日:

小蔦美奈子(こつたみなこ)です。


今朝、リビングのカーテンを開けると
雲の切れ間から太陽の光が差し込んできました。

だんだんと雲を押しのけて
太陽が顔を出して
「おはよう!」と話しかけられている気がしました。


ベランダから川沿いを見下ろすと
近くの公園の木々も色々な緑のコントラストが映え
採れたての空気を味わっているような、
贅沢な気分がして
とても清々しい気分になりました。


ふと、ベランダの片隅に
少し元気のない観葉植物が
佇んでいるのに気がつきました。

その葉は黄色く痩せてきて
今にも朽ち果てそうです。



まるでうなだれて悩みを抱えている
にんげんのようです。



うつ病やうつ病の傾向があるあなたは
人の話をきくときに
「聞く」と「聴く」の違いがあることをご存知ですか?



「聞く」というのは車の音や、電車のアナウンス、鳥の声など
自然に耳に聞こえてくる音のことです。
ときに「親の言うことをきく」「頼みごとをきく」
などのように承知する、従う、受け入れるという意味もあります。





「聴く」というのは自分から積極的に耳を傾けてきくことで
「音楽をきく」「人の話をきく」
などのように、はじめに聞いて、心で感じることを意味します。



あなたは人の話をきくときに
どちらの「きく」を意識していますか?

ここで興味深い研究結果があることをご紹介します。

人間は何かを決める時の8秒前に脳が決めているのです

アントニオ・ダマシオという脳神経学者の研究では、
人間は、
理性ではなく、感情で動いている生き物だというのです。



相手が話している最中に、
自分の話をしてしまったことはありませんか?



人の悩み事を相談されているときに
こうしたらいいのにと思いながらきいているときはありませんか?




それは全て、脳が先にこれを言われたからこれを話そう
というように勝手に決めているのです。

人が話しているときは「聞く」ことと「聴く」ことと
どちらが大切だと思いますか?

あなたが逆の立場だったらどうでしょう。

「聴く」ことをしてくれる方がいいですよね。

「聴く」ということは、
脳が決める前に、
あなたの心を相手に傾けることで抑えることができるのです。



「傾聴」という言葉がまさにその通りで
相手が話しているときは
耳を傾け、
目を見つめて
心で受け入れる

この3つが大切になるのです。


あなたが話しているときの相手は
「聞く」と「聴く」
どちらのきくになっているか意識してみてください。
耳を傾けているでしょうか
目を合わせてみているでしょうか
心で受け入れているでしょうか

あなたはあなたの話を聞いている人と、聴いている人
どちらが信頼できるのでしょうか?


そしてあなたが今度「きく」立場になったときは

「聴く」ことを意識してみてくださいね。



人間関係には『聴く』ことがとても大切なのですよ。





あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.