うつ病改善ブログ

受け入れることの大切さ

投稿日:

小蔦美奈子(こつたみなこ)です。


今朝、私がウォーキングから
帰ってきて、シャワーを浴びようと
洗面所に向かった時のことです。


突然息子が、
脱衣所にある私の着替えを
リビングのテーブルに置いたのです。


そして
「シャワーいってきまーす」
と少しいたずらな目をしながら
静かに脱衣所の戸を閉めてしまいました。



私は
「えーっ、今浴びようと思ったのに…」
と言いながら、少し
嬉しくもありました。



なぜなら、
高校生になる息子が中学生の頃は
昼夜逆転をしていて
テレビゲームに夢中だったのです。

会話という会話も
ほとんど無く
いつ、お風呂に入っているのかも
わからないほどだったのですから…



しばらくすると、
浴室から、大きな歌声とともに
息子がシャワーを浴びる音が
聞こえてきました。

うつ病や、うつ病の傾向があるあなたは
『許す』ことはどういうことか
考えたことがありますか?



許すと聞くと、
少し上から言われているような気がしませんか?



私は、中学生の息子が
不登校になってから
息子のことを『許す』ことができませんでした。


・こんなにしてあげてるのに
・こんなに心配しているのに
・こんなに尽くしているのに…


と思えば思うほど苦しくなり
出口のない暗闇に落ちる一方でした。



あなたにも、
信じていた人に裏切られて
許せないと思った経験はないでしょうか?


けれども、よく考えてください
その人を信じようと思ったのは
誰でしょうか?



私も、息子が不登校になって
許せないと思いました。

信じられないとも思いました。



それは、
自分のことを許せないと言っていることと
同じなのです。


・不登校になる前に気づかなかった私
・シングルマザーになって孤独を感じた私
・一人息子を1人で育てるプレッシャーを
受け入れきれなかった私



そんな折、この苦しみから逃れたいと
インターネットをさまよっていると
光が差し込むように
人生のメンターに会うことができました。


メンターは言います。

自分のことを大切にするくらい

相手のことも大切にしましょう

その言葉を聴いて
心の鎧が音を立てて剥がれ落ちるような
気持ちを味わいました。


一つ、また一つ…

私は、自分のことを大切にしていないことで
息子のことも大切に思うことができませんでした。


その、気持ちのほころびが
息子にも影響されていたのです。


こんな私は、生きていても
楽しいことなんかちっともない…

こんな僕は、学校に行っても
楽しいことなんかちっともない…


こんな私は、ただ働いているだけで
老後もきっとほそぼそと暮らしているだろうな…


こんな僕は、ただゲームをしているだけで
きっと20歳くらいで死ぬんだろうな…

メンターの教えで
自分を大切にしていないことに
初めて気がつき、


自分のしたいこと
自分の楽しいこと
自分が喜ぶことに時間を使うようになりました。

自分の気持ちを大切に思うようなりました。





すると息子も
心境の変化があり
通信制高校へ少しづつ通うようになり
将来への希望を持ち始めたのです。



私も、私の気持ちを大切にすることで
息子の気持ちを受け入れることができたのです。



今の私は
『許す』という言葉があまり好きではありません。


許すことを言い換えるとしたら
『受け入れる』ことの方がしっくりきます。


過去の自分も
過去の息子も


今の自分も
今の息子も

受け入れることこそが

自分を大切にするのと同じくらい
相手も大切にするここなのだと気がついたのです。

うつ病や、うつ病の傾向があるあなたも
過去のあなた
今のあなたを受け入れてくださいね。



それが、あなたを大切にするのと同じくらい
相手も大切にできるのですよ。




あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.