うつ病改善ブログ

あなたをコントロールしているのはあなた

投稿日:

小蔦美奈子(こつたみなこ)です。



今朝は快晴です。
朝の光は、体内時計をリセットするのに
とても有効なのですよ。

うつ病やうつ病の傾向があるあなたは
基礎体温が高くありませんか?


基礎体温が低いよりは
高いほうがいいのでは?と思いますよね。


けれども、
もともとの基礎体温が36度台の方が
37度が普通になってきている方は
疲れが溜まりやすいのです。

人間は、睡眠中に身体を休める
必要があります。


身体を休めている時は
徐々に体温が下がっているのです。


そんな時に、体温が上がったままですと
身体を休めることができずに
疲れが溜まったまま
少しづつ、蓄積されていくのです。

そんな時は、朝の太陽で
日光浴をしてくださいね。


目から、日光の刺激を
脳に伝えることで、
少しづつ、体温調整をすることができますので
基礎体温が高めの人は試してみてくださいね。



人間の身体はとても正直にできています。

先ほどお伝えした、
体温調節の方法はあなた次第で
コントロールできますよね。


そのほかに、もう一つ
自分の気持ちを簡単にコントロール
できる方法があるのをご存知ですか?


それは、『呼吸』です。

あなたは、人前で話をしなければならない時
緊張したことはないでしょうか?


その時の呼吸は無意識に
とても浅く、少し息苦しくもあるのです。


呼吸が浅いと
記憶が曖昧で、雲がかかったように
見えなくなることがあります。

それで、ますます緊張してしまうのです。

『呼吸』は無意識と意識のあいだにあるのです。


つまり、呼吸を意識すれば
あなたの気持ちを
コントロールできるのです。


緊張している時は特に
深呼吸することをお勧めします。


深呼吸とは
お腹の空気をすべて吐き出し


鼻からお腹の中に、新鮮な空気を
ゆっくりと入れるつもりで吸い込みます。


そして吸った時間と同じ時間で
ゆっくりと吐き出します。


できましたら、吐き出した時に
心のモヤモヤした気持ちを
追い出すつもりでやってみましょう。

10秒吸ったら、10秒吐く…


慣れてきたら、
15秒吸ったら、15秒吐く…


この時間が理想です。


ここで、注意をして欲しいことがあります。

深呼吸の吸う、吐くの時間が
あまり短いと余計に
ドキドキして、緊張が高まりますので
気をつけてくださいね。



呼吸は他にも
・怒りの気持ちをやわらげる
・不安の気持ちを和らげる
・悩んでいる気持ちを和らげる
・落ち込んでいる気持ちを和らげる



などと、負の感情が起こった時に
あなたが呼吸を整えることで
抑えることができるのです。



つまり、呼吸に意識することで
あなたの感情は、
手のひらで転がすように
コントロールできるのですよ。



感情は、湧き起こってしまったことは
仕方ないですよね。



大切なのは
そのあとの対処の方法で
行動が変わっていくのですよ。



まずはあなたの『呼吸』から
変えてみませんか?




あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.