うつ病改善ブログ

着せ替え人形の人生

投稿日:

小蔦美奈子(こつたみなこ)です。

あなたは小さい頃、着せ替え人形で遊んだことはありませんか?


あなたが男性でしたら、超合金のロボットでロケットパンチなどで
戦ったことがあるのではないでしょうか?
(ちなみに私は超合金のロボットも好きでした)



私は女の子が好きなおままごとは数える程しか遊んだことはなかったのですが、
着せ替え人形はとても好きだった思い出があります。


この服にはこの靴、そしてこのバッグ、この帽子も似合うかな?
などといろいろなコーディネートを楽しんでいたことがあります。




そして私が着る服は、私の母親が選んでいました。
ある時、私が着たくない服を差し出された時、


「またこの服?この服着ないといけないの?」

と言いました。すると母親は

「嫌だったら自分で選びなさい」
と言われ、自分の着たい服を選んで学校に行った記憶があります。


その日から、
自分の服は自分で選べるという自由を得ることができました。

とはいえ、私の洋服は引き出し一つ分に入っていたので
コーディネイトには限りがあるのでいつの間にかワンパターンに
なっていきました。



新しい洋服を買ってもらえるのはサイズが合わないときだったので
新調してもらえる時は、一つだけ自分のお気に入りを選ぶことができました。


そして自分で選んだお気に入りの洋服ばかり着ていたので、
それ以前の洋服は着なくなっていきました。



あなたも
お気に入りの洋服を着ていると気持ちが落ち着いたり
気分が上がることはありませんか?


あなたのお気に入りの洋服は
あなたが選んだ洋服でしょうか?
それとも誰かに選んでもらった洋服でしょうか?


そしてもしその洋服を着ているときに
「その洋服センスないね」と言われたとします。



もしその洋服があなたが選んだ洋服でしたらきっと
他の人に何を言われても気にしないでしょう。

また、「どんな洋服がセンスあるの?」とあなたが聞くことで
相手のセンスと自分のセンスが全く違うことに気づき
「その洋服はあなただから似合うと思いますよ」
と相手の意見も尊重することができるでしょう。



けれども、他の誰かに選んだもらった洋服でひどいことを言われると
その選んでくれた人のせいにしてしまうのでないのでしょうか?

その時のあなたは、
せっかく奮発して買ったのに
似合うって言ってくれたから買ったのに
などと行き場のない怒りや悲しみがこみ上げてくるのではないでしょうか?

そして、いつの間にかそのお気に入りだったはずの洋服を着なくなるのではないのでしょうか。



そうなんです。
他の人に選んでもらっているあなたは着せ替え人形になっているのです。



着せ替え人形になってしまうと、自分で考えることをやめてしまいます。

相手の意見ばかり尊重して、自分の意見が言えなくなります。

自分が何が好きだったか忘れてしまいます。

つまり、
ときめいた人生を送れなくなってしまうのです。


あなたは、人に選んでもらった人生を歩んではいませんか?

あなたの人生は、あなただけのものなのです。


そろそろ、
着せ替え人形の人生はやめて
あなたらしい、あなたが選んだ人生を歩みませんか?











あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.