うつ病改善ブログ

安眠妨害!?

更新日:

小蔦美奈子(こつたみなこ)です。


今朝、大変なことが起きました。
布団の中で目覚めて大きく背伸びをした時のことです。



突然、左足の親指に激痛が走ったのです。

「イタタタ!」と思わず声を上げてしまいました。

かたや右足の足先にはフカフカした絨毯の感触がとても気持ちいい…


わたしの激痛の正体は…

うちの猫だったのです。

※指名手配犯のような人相ですが今朝安眠妨害を受けた愛猫のレイア姉さんです。



わたしが背伸びをした瞬間、スヤスヤ寝ていた猫を起こしてしまい、
ガブリと甘噛みされてしまったのです。


猫にとってはいい迷惑だったのか
「気持ちよく寝ていたのに、安眠妨害だわ!」
と言わんばかりにさらに猫パンチで襲撃してきたのです。



わたしが安眠妨害をされたと思っていたのですが
どうやらわたしが安眠妨害をしてしまったようです。




そのあとは、ごめんごめんと平謝り状態。
猫はご機嫌斜めでプイッと行ってしまいました。





あなたは猫は好きですか?


猫には素晴らしい癒し効果があることを知っていますか?



猫には触れているだけで免疫力や自然治癒力を高めます。
そして不安をやわらげ、ストレスをなだめてくれるのです。



猫のゴロゴロと喉を鳴らしているのを聞いたことはありませんか?


猫は骨折しても他の動物の3倍の速さで治せるらしいのですが
その特有のゴロゴロ音が関係しているらしいのです。



実際フランスの理学療法士の方で、
人間の骨折治療にも使われているほどなのです。



ゴロゴロ音は前向きな思考と幸福感を脳に与え、
不安感をやわらげる副作用のない薬にもなる、
優れた癒し効果があることでも知られています。

今の愛猫は3代目になりますが、
主人が生前、ガン闘病中で自宅で療養をしていた時は
2代目の猫が
ソファーで横になっている主人の側にいて離れなかったのです。



まるでつきっきりで看病しているかのように…



主人はよく
「猫がいてくれて安心するよ」
と時々痛みに耐えている中で、猫の存在は精神状態を落ち着かせてくれているようでした。


どうですか?
猫にはいいことばかりで飼いたくなってきてたりしませんか?






猫を飼うのには最後まで飼うというそれなりの覚悟がいりますので、
まずは猫カフェで癒されに行くのもおすすめですよ。


撫で方や遊び方、飼い方などいろいろ親切におしえてくれますから。



まずはじめに、注意していただきたいことが一つだけあります。




それは、突然こちらから触ろうとすると
わたしのように噛まれることがありますので
気をつけてくださいね。






あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.