うつ病改善ブログ

夢はいつでもいくつでも

投稿日:

小蔦美奈子(こつたみなこ)です。


夏といえば花火大会、七夕祭りなど
出店が立ち並んでワクワクしますよね。




夏祭りがあちらこちらで開催される時期のなのですが
今年はコロナウイルスの影響で中止が余儀なくされていますね。

私が5歳から青春時代を過ごした青森県弘前市では
四季折々のお祭りがありまして
夏にはねぷた祭りというお祭りがあり
家族で出掛けた思い出があります。



出店が立ち並んで何をしようか何を食べようかと目移りしていたのですが、
わたしがまだ小さかったせいか
五百円までと決められていたので
品定めをしないとあっという間になくなってしまうので、
何に使うか計画をたてました。


金魚すくいは二回やりたいし、
ミドリガメすくいも一回、
あとは…かき氷と、
ヨーヨー釣り!


これで五百円は使い果たし
片手には金魚とミドリガメ
もう片方にはヨーヨーを弾ませ
お祭りに心踊らせながら帰っていました。



すると、プカプカと浮かんでいる風船が
わたしの目の前に飛び込んできたのです。

その、色とりどりの風船はとても綺麗で
どうして浮いているのか不思議でした。



私は自分で膨らませる浮かばない風船しかしらなかったのです。





たちまちその風船の虜になったわたしは
その風船がどうしても欲しくてねだったのですが
時間がたてばすぐしぼんでしまうものだし
そんなものにお金を出すのはダメと言われてしまいました。



あっけなく断られたわたしの気持ちは
シュンとしぼんでしまいました。


けれどもわたしはその風船が忘れられなくて
事あるごとに風船の絵を描き続けました。




浮いている風船が欲しいな。
たくさん集めたら空を飛べるのかな?
風船で空を飛んでみたいな。
風船で空を飛べたらどんなに気持ちいいのだろう。

などと思いは膨らむばかり。


そして一年後の夏祭り。



わたしは真っ先にプカプカ浮いている風船を買うことに成功したのです。



わたしの一年越しの夢が叶った瞬間でした。


子供心に思ったこと
それは、


願えばきっと叶うんだ。ということ。


あなたの夢はなんですか?



夢に大きいも小さいも関係ありません。
夢を描くのは自由なのですから
自分の気持ちに遠慮をせずにどんどん夢を膨らましてみてくださいね。



けれどその夢は
思い続けなければいつの間にか忘れて
どんどんしぼんでいってしまいます。



どんな夢を描いていたのかも忘れてしまいます。


夢は、いつでも描いていいんです。

いくつでも膨らませていいんです


夢は、叶えるためにあるのですから。








あなたは、残りの人生で何をしたいのですか?
あなたは、どんな人生を歩みたいのですか?

うつ病の方や、うつ病の傾向がある
あなたは
うつ病になった原因ばかりを追い求めて
過去ばかりにアクセスしてはいませんか?

そして未来の不安や心配にアクセスして
自分を苦しめていませんか?

これから私と
うつ病を改善するための知識や知恵を学んで
本当のあなたに会いに行く方法を
お教えします

永久無料メールマガジンを
99日間読むだけで
うつ病やうつ病の傾向がある方はもちろん
そのご家族のあなたも
『いま』ここにいることを感じ
本当のあなたは自由なんだと
気づく日が訪れるのです

【うつ病からの旅立ちメール】
★無料メールマガジンの
詳細はこちらからアクセスして
自分らしく生きてくださいね!

★LINEでの質問希望の方は
下記の「友だち追加」をして
直接ご質問を送ってください

-うつ病改善ブログ

Copyright© 小蔦美奈子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.